ひばりヶ丘周辺(新座市・西東京市エリア)の不動産売却 » 家や土地の売却にかんするキホン知識 » 契約するときの注意点

契約するときの注意点

こちらでは、価格交渉や相見積もりによる相場の把握、売却する家の故障個所の把握など、不動産売却をするときの注意点を解説します。

不動産売却時の注意点 家の相場を把握する

インターネットで検索すると不動産の相場を計算してくれるサイトもあり、ほんの数分でおおよその相場はわかりますが、正確に査定するには不動産会社に依頼する必要があります。

不動産会社によって査定価格は異なるので、数社の会社に査定を依頼し相見積もりしましょう。

査定を行ってもらうことによって、どういう会社なのか、担当者の対応は良いかどうか等についてもわかるので、不動産会社選びの参考にもなります。

また、不動産売却の関するいろいろな情報も得ることができます。

価格交渉

価格交渉は不動産取引にはつきものなので、価格交渉は必ずあるものという認識を持っておく必要があります。

よくある例は6,980万円を6,900万円にしたり6,800万円にしたりする端数切りです。

それなら最初から6,800万円で売り出せばいいのではないかと思われるかもしれませんが、そうではありません。

それは端数表示があると金額を見た時のイメージが違ってくるからです。 スーパーなどで1,990円の商品は、2,000円のものよりも10円以上の安さを感じますが、不動産でも同じことがいえます。

不動産広告などで金額を見ると3,980万円とか5,490万円という端数表記が多いのはそのためです。

不動産の買い手は安く買いたい、売り手は高く売りたいので利害はまったく正反対です。

交渉は一方の言い分を押しつけるものではないので、お互いに譲歩しあって納得のいく価格で売却しましょう。

売却する家の故障個所を把握する

売却不動産に故障個所があった場合は、不動産会社にきちんと知らせておきましょう。

物件引渡し後に、買手から故障箇所などが見つかったとクレームがあると、売主は瑕疵担保責任から修理代金を請求されることがあります。

不動産会社と媒介契約を結ぶ時はよく考える

不動産会社仲介の場合媒介契約を締結しますが、媒介契約には、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類があり、それぞれメリットとデメリットがあるので、よく考えてから契約を行いましょう。

一般媒介契約…複数の不動産会社に依頼でき、購入者を自分で探すことができます。

専任媒介契約…不動産会社一社のみにしか依頼できません。購入者は自分で探すこともできます。

専属専任媒介契約…不動産会社一社のみにしか依頼できず、購入者も自分で探すことができません。

建物の内覧準備をする

購入希望者は建物の見学をしますが、内覧だけで購入するかしないか決めるケースも多いです。

家の掃除やかたづけ、空気の入れ替えをし、近隣の環境の説明などもできるようにします。

不動産に関する書類を用意する

事前に不動産の権利や面積などが分かる資料を用意すると、査定がスムーズです。

例えば、土地や一戸建ての場合、登記簿謄本・敷地測量図・間取図・評価証明書・固定資産税納付書など、マンションの場合、登記簿謄本・間取図・修繕履歴・評価証明書・固定資産税納付書・管理に関する書類などです。

PAGE TOP