ひばりヶ丘周辺(新座市・西東京市エリア)の不動産売却 » 家や土地の売却にかんするキホン知識 » 不動産売却決定から引き渡しまでに準備すること

不動産売却決定から引き渡しまでに準備すること

売買契約が締結した後にも所有権の移転や引き渡しなど、まだまだやることは残っています。

不動産売却決定から引き渡しまでの準備

売買契約締結や、所有権移転、実際の引き渡しなど、不動産売却には様々な手続きを順を追って行う必要があります。この記事では、不動産売却が決定してから、引き渡しをするまでにすべきことを解説します。

引き渡しまでの流れ

基本的に売り主は所有権の移転と引き渡し、飼い主は残代金の支払いを同時に履行することになっています。

1.残代金の支払いと所有権移転

まず、買い主が残代金の支払を行います。支払い方法に住宅ローンを選択している場合はこのタイミングで融資が実行されることで決済が完了します。次に、売り主が領収書の発行、所有権移転登記に必要な書類を引き渡します。

登記に関しては一般的に司法書士が申請を行います。ここで売却物件に抵当権が設定されている場合、抵当権の抹消手続きも同時に行います。

2.公租公課等の精算

公租公課(固定資産税と都市計画税)、管理費の分担については引渡日の前日までは売り主、引渡日移行は買い主が負担することになります。そのため、費用は日割り計算になります。売り主が建て替えている費用を買い主から受け取り、領収書を発行します。

3.その他必要書類等の引き渡し

物件の鍵、実測図や建築関係書類、設備の保証書および取り扱い説明書、その他の関連書類を引き渡します。

仲介手数料の支払い

無事引き渡し手続きが完了したら仲介してくれた不動産業者に仲介手数料を支払います。

準備する書類

  • 所有権移転登記の関係書類等(登記を書面申請する場合)
    登記識別情報または権利証
    固定資産評価額証明書
    印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
    住民票
    司法書士への委任状
  • 抵当権抹消登記に必要な関係書類等
  • 実測図、境界確認書
  • 建築関係書類、物件の鍵など
  • 実印(登記関係書類に押印する)
  • 登記費用
  • 残代金や各種精算金等の領収書
  • 仲介手数料

引き渡しの準備

引き渡しの準備には書類の準備や土地の実測など、専門家に依頼することも多くあります。そのため、準備は少しずつ準備しておくことをおすすめします。

所有権移転登記の準備

登記関連書類は司法書士に依頼します。登記書類に不備があると引き渡し当日に引き渡しが完了せず、期日に間に合わない可能性があるので十分に準備しておきましょう。

抵当権の抹消の準備

抵当権が設定されている場合は登記書類と一緒に抹消手続きの準備も進めておきます。金融機関に残債務の確認、ローンの全額返済、抵当権抹消に必要な期間の確認をしておきましょう。

参考:住宅金融支援機構「融資金を完済されたとき(抵当権抹消手続きについて)」

土地の実測や境界確認

土地家屋調査士に依頼して確認します。境界の確認には土地が接している住人の立ち会いも必要です。ほかにも、契約で物件修復が盛り込まれている場合はその確認も行います。

現地確認

引き渡し当日までに売り主、買い主、不動産会社立ち会いのもと現地確認を行います。

引っ越し

原則として引き渡しまでに退去は済ませておきます。賃貸物件の場合は貸借人(住人)の退去が契約条件に入っている場合は十分な期間を確保して確実に準備を進めておく必要があります。

不動産の引き渡しにはさまざまな書類や準備することがありますので、不動産業者に相談しながら1つずつ確実に準備をしておきましょう。当日に不備があって引き渡しが完了しないことになると、契約不履行となり違約金の支払いを求められることもあります。

PAGE TOP