ひばりヶ丘周辺(新座市・西東京市エリア)の不動産売却 » 家や土地の売却にかんするキホン知識 » 不動産を売る前にリフォームするメリットとデメリット

不動産を売る前にリフォームするメリットとデメリット

リフォームを行いますと家の印象がかなり変わり、売却する際の価格にも影響する可能性が高いです。
ただ、時間や費用もそれなりにかかりますので慎重にご検討なさることをおすすめします。

売却前にリフォームすると買い手がつきやすい

リフォームをすると中古物件でもパッと見た部屋の雰囲気がきれいで新しく見えます。
当然のことではありますが、きれいで状態の良い物件の方が良い物件だと感じますよね。そのため、リフォームをしていない見た目が古い物件よりも選ばれる可能性が高くなります。
また、リフォームをしていると契約後、工事やリフォームをせずに住み始められることから、しない場合に比べて買い手がつきやすい傾向にあります。
さらに、仕上がり次第では、リフォームしない場合に比べかなり高く売れる可能性もあります。

リフォームにかけた金額よりも高く売れない場合もある

せっかく、お金をかけてリフォームをしてもリフォームの方法や仕上がりなどが買い手のニーズと異なっていると高く売れない場合もあります。
なぜなら、中古物件を購入し、自分でリフォームやリノベーションを行いたという値段重視の買い手も多くいます。そのため、リフォームをしても高く売れない可能性が高いです。また、リフォームに多額の費用がかかってしまう場合、売値から差し引くと手元にあまりお金が残らないということもあります。
さらに、リフォームをする場合、リフォームが完了するまで時間がかかるので、その間売りに出せず、物件を売るまでに時間がかかってしまうということがあります。

迷ったら不動産業者に相談する

個人でリフォームについて判断するのは、なかなか難しい場合があります。
そこで、その地域の物件や買い手のニーズなど、さまざまな情報を持っている不動産業者にリフォームをする方が良いのか、また、リフォームする場合は、どこをどの程度リフォームするかといったことを相談することをおすすめします。
その際、あなたが売りたい物件のエリア内にある似たような広さ、間取りの中古物件の状態や価格などをご自分でチェックしておくとリフォームを行うのか、リフォームの内容を決める上で役立ちます。

リフォームする場合は部分的に行う

もし、リフォームを行う場合は、大掛かりなリフォームを行うよりもパッと目に付く部分だけを行うと買い手がつきやすくなる上に余分な費用をかけずに済むのでおすすめです。
例えば、雨漏りなどしている場合、簡単な修理を行っていると印象がかなり良くなります。
また、天井を含む壁紙が経年劣化やタバコなどにより汚れている場合には、張り替えておくと部屋がきれいで明るく見えます。
他にもフローリングなど床が傷んでいる場合にも張り替えを行うと新築のように見えることもある程に家の内装が全く異なった印象になります。
このように下見などをする際、パッと目に付く部分だけでも簡単にリフォームしておくと印象が良くなり、高く売れる可能性があります。

PAGE TOP