ひばりヶ丘周辺(新座市・西東京市エリア)の不動産売却 » 家や土地の売却にかんするキホン知識 » そもそもどこで売るか

そもそもどこで売るか

こちらでは、問い合わせから引き渡しまで、不動産の売却時にはどういった手続きを経るのか大まかな流れを解説し、売却までにかかる平均的な期間についても紹介します。

不動産売却は不動産会社で

不動産売却は、物件の評価基準が統一され、手続きも丁寧に行われる不動産会社に依頼すると安心です。

わからないことや不安なことにも専門家として詳細に答えてくれるので、初めてでも確実で安定した不動産売却を行うことができます。

不動産売を決める前にすべきこと

不動産を売りたい人の理由は、定年になるので田舎に帰りたい、子供が独立したのでマンションに住み替えたい、子供が増えたので広い家に住みたいなど、家族構成、ライフスタイルの変化、経済的問題、環境の変化など様々です。

まず「なぜ不動産を売りたいのか」の理由と「住み替えしたい時期」「自己資金」などについて整理しましょう。

こうしておくと、売却時期、売却価格、新居購入か賃貸かなどについて具体的なイメージが持ちやすいです。

不動産売却の流れ

では、不動産はどのようなステップで売却されるのでしょうか。

1.相場を確認し想定売却価格を決める

不動産がだいたいいくらくらいで売れるのか、近隣物件の相場を調べてから売却価格の目安をたてます。

2.不動産会社情報を集める

大事な不動産を売却するのですから、信頼できる不動産会社に依頼する必要があります。

ネットや雑誌、口コミなどを参考に不動産会社の情報を集め、疑問点などがある場合は問い合わせをします。

3.不動産の査定を依頼

信頼できそうな不動産会社を数社選び、売却したい不動産の価格を査定してもらいます。

4.不動産会社と媒介契約を結ぶ

不動産売買の仲介を依頼する会社が決まったら媒介契約を結びます。

媒介契約の形態には「一般媒介契約」、「専任媒介契約」、「専属専任媒介契約」の3種類があります。

5.不動産売り出し

希望売却価格だけでなく市場の相場価格や不動産会社の査定価格も踏まえて決めます。

6.購入希望者と売却交渉

価格だけでなく、その他の条件も明確にして交渉を進めます。

7.購入希望者に物件情報を提供する

売買契約する前に、購入希望者に物件情報を正確に提供します。

物件の瑕疵(不具合や欠陥)も伝えて契約締結後のトラブルが起きないようにします。

不動産会社仲介物件は「重要事項説明」で詳細な説明を行うので、不動産会社の物件調査には詳細に答えましょう。

8.売買契約締結

買主と売買条件合意後、売買契約を結びますが、物件価格の10~20%の手付金を契約金として受け取ります。

売買契約の契約内容はしっかりと確認しましょう。

9.不動産引き渡し

売買代金を受けとり、抵当権抹消、所有権移転等の登記申請を行います。

細かい設備や備品などについても買主と現地立ち会いを行って確認します。

税務申告などの手続きも忘れないようにしましょう。

売却までの平均的期間

販売開始から売買契約締結までに1ヶ月~3ヶ月、契約締結から物件引渡しまでに1.5ヶ月~2ヶ月程度が必要なので、だいたい3ヶ月~5ヶ月程度です。

相場より安い価格で売り出して、すぐに買い手が見つかり売り手がすぐ引越せる状態であっても、ローン申し込み手続き等で半年や1年かかるという場合もあります。

PAGE TOP