ひばりヶ丘周辺(新座市・西東京市エリア)の不動産売却 » 家や土地の売却にかんするキホン知識 » 不要な不動産は売却・賃貸の2つの方法がある!

不要な不動産は売却・賃貸の2つの方法がある!

相続した住宅など、自分では住まない不要な不動産は、そのまま持ち続けると税金や管理コストだけがかかり不経済です。

売却か、賃貸にするか、2つの方法がありますが、どちらにもメリット、デメリットがありますので、自分の状況に合わせてご検討ください。

 

不動産ビジネスに詳しくない方は売却がおすすめ

売却すると住宅ローンを完済できるかも!?

売却した際のメリットは、売却代金が手元に入ることで、住宅ローンが残っている場合は完済できることです。もちろん、住宅ローンの残高が多い場合は、完済できないこともありますが、確実に支払いは楽になります。さらに税金や管理コストも売却した時点で必要なくなります。

売却する際はタイミングに注意

仮になんらかの理由で将来売却した不動産の価値が上がったとき、既に売却してしまっている場合は損をすることになります。住宅ローンの残債務しだいでは、かなり多くの自己資金が必要になってしまう場合もあるでしょう。

売却するなら早めに

スムーズに売却できた際は、所有することで発生し続けるコストをなくすことができ、売却代金を得られますので、通常損をすることはありません。特に住宅ローンがある場合、売却するほうがリスクを避ける面で無難といえます。 一戸建てでもマンションでも、年数が経てば経つほど傷んでいきますので、売却するなら早めに動くことがおすすめです。

賃貸にするかは客観的な目で判断を

賃貸にすると継続的な収入が得られる

賃貸にした際は継続的に家賃として収入が得られ、敷金・礼金、更新料という一時的な収入も期待できます。ただし敷金は借主からの預かり金ですので、滞納金や修復費用などを引いた金額を返還する義務があります。

そして、賃貸にした場合は、収入だけではなく、不動産を持ち続けることになりますので、再びそこに住むことも可能です。今は不要でも、将来的に住む可能性がある場合には賃貸という選択肢もよいかもしれません。

税金の支払いや確定申告が必要

賃貸にした際の最大のデメリットは、借り手がつかなかった場合、収入がなくなる点です。さらに、借り手がいなくても税金や管理費は必要です。場合によっては、修繕費、クリーニング代なども必要になります。借り手がついた場合でも不動産屋への仲介手数料が必要です。毎年確定申告する手間が生じることを忘れてはいけません。

賃貸は収支が合うかどうか、判断がつきにくい

借り手という流動的な要素によって決まってしまうので、賃貸にした場合、売却した際の金額を何年で達成するかわかりにくいです。客観的に見て、その不動産は賃貸として運用可能なのかを判断しなければいけません。

売却と賃貸どちらが得か判断するには「立地」と「知識の有無」

一番の判断要素は「立地」

売却でも賃貸でも都心に近い、地方都市の中心地、駅から徒歩圏内といった利便性の高い人気のある土地であれば有利です。賃貸の場合は、常に借り手がつかなくては困るため、立地条件は必須といえます。賃貸にできるかどうかはまず立地で判断しましょう。

不動産の知識があるか、マネジメントできるか?

賃貸にする場合、不動産市場を知り、自分の不動産の商品価値を高める能力が必要です。またマネジメントにはさまざまな手間があり、その手間をやり遂げることが可能でないと賃貸は難しいでしょう。

ほとんどの場合、賃貸はハードルが高いように思えます。立地がよく、不動産について知見がある、これから学んでいく意欲があるなら賃貸の可能性も見えてきます。

PAGE TOP