ひばりヶ丘周辺(新座市・西東京市エリア)の不動産売却 » 【エリア別】おすすめ不動産売却業者3選 » 東久留米市における戸建ての売却事情を解説

東久留米市における戸建ての売却事情を解説

東久留米市で一戸建ての売却をする際に知っておきたい売却相場や、注意点を記載しています。

一戸建ての売却は短期間で売れるように準備することが大切

一軒家

一戸建ての売却でもっとも避けたいのは、「買い手が見つからず、売れ残ってしまう」ことです。

中古の一戸建てを購入したいと思って物件を探している人の多くは、「良い条件の家」よりも「悪い条件が少ない家」を好む傾向があります。新築と違って、中古の一戸建て物件はどうしても築年数の関係で価値が下がってしまうため、そもそも中古物件を欲しがる層は安さやお得さを重視する割合が高いのです

では、一般的にどのような一戸建てだったら、買い手に「悪い条件がある」と思われてしまうのでしょうか。

代表的なものは、旗竿地や狭小地、駅からの立地などに問題があるケース。また、築年数がかなり経過している物件や掃除・メンテナンスが適切に行われていない物件も、悪い条件が多いと判断されやすいです。

ただ、一戸建て市場では、住宅そのものにまったく問題がなく、むしろ優良住宅なのに「悪い条件の家だ」と判断されてしまうものもあります。それが、売れ残っている家なのです。

購入希望者から見た場合、書類上でも内覧をしても条件が良さそうなのに売れ残っている家は、「何か自分では気づかない欠点があるのでは?」と疑問を抱かれやすいのです。

優良物件でも、売り出し価格を強気に設定してしまったり、地域のニーズを考えない売り出し方をしたりしてしまうと、あっけなく売れ残ってしまいます。

短期間でなるべく高く一戸建てを売るためには、地域のニーズや周辺で家を探している人たちの平均予算と照らし合わせて、適切な売り出しをしてくれる不動産業者の協力が不可欠です。

売れ残った物件は、評判を気にしない買い手が見つからない限り、値段を下げて売るしかありません。一戸建て売却はスタートダッシュが肝心です。とりあえず売りに出してから売り出し方を考えたり、リフォームや掃除をはじめたりすることはやめておきましょう。

土地の魅力やニーズを活かす業者を選ぶべき

一戸建てのように、高額で購入に大きな決断が必要な資産を上手に売るためには、不動産業者選びにこだわる必要があります。ただ、利用できる不動産業者の数は膨大です。中には、東久留米市の一戸建て売却においてほとんど役に立たない業者や、悪徳不動産業者も存在します。

そこでおすすめしたいのが、「その地域のニーズや土地の魅力を熟知している業者」を選ぶこと。一戸建てを買うということは、単に寝起きする場所を購入するわけではなく、周辺の環境や立地を含めた今後の生活そのものを買うことです。

地域によって、一戸建てに求めるニーズは様々。東久留米市で家を高く、早く売るためには、東久留米市で家を探している人に魅力を感じてもらえる売り出し方を工夫しなければなりません。

その工夫に必要なのが、地域に対する業者側の理解なのです。地図上ではどんな場所か分かっていても、実際には物件周辺を歩いたことがない、物件を確認したことがない営業マンに宣伝を任せたら、一戸建ての魅力は伝わりません。

地域密着型で一戸建ての売却を行っており、東久留米市ではどのような物件が売れるのか、どのように売り出せば購入希望者の気を引けるのかを理解している不動産業者を選ぶことが、一戸建て売却の成功を左右するでしょう。

「営業マンや不動産業者が、売却事情や土地のことを熟知しているか」は、見積もりや相談時の雑談で確かめるのがおすすめです。家の近くにあるおすすめスポットや、過去の取引データ等をさっと取り出せる業者なら、安心して売却手続きを任せられます。

築20年が高額売却におけるひとつのボーダーライン

四季があり、比較的湿度が高い日本では、湿気を調整してくれる木造の一戸建てが多いです。ただ、木造の一戸建ては築20年を目安に大きく売却額が下がってしまいます。

なぜなら、国税庁が木造住宅の耐用年数を「22年」と設定しているため。

不動産のように高額な資産は、築年数が経過するごとに経年劣化していくので、年々価値が下がっていきます。ただ、毎年どれくらい資産価値が落ちていくのかを正確に計算するのは不可能です。

しかし、何らかのルールで「○年使ったら価値がゼロになる」と決まっていないと、価値の見積もりや税務上の処理をすることができません。そのため、日本では様々な資産に対して価値がゼロになるまでの年数、耐用年数が設定されています。

木造住宅の場合、22年で書類上の価値がゼロになること、実際に築20年たってくるとどこかが劣化しているケースが多いことから、築20年になったタイミングで高額売却が難しくなるのです。

基本的に、不動産は新築で買った瞬間からどんどん価値が落ちていきます。売り出すタイミングが遅くなればなるほど売却額も安くなってしまうので、特に築20年が目前に迫っている一戸建てはなるべく急いで売りましょう。

一戸建てを売るならぜひやっておきたい売却額アップの豆知識

一戸建ては、マンションよりも売るのが難しいです。

多くのマンションには、「駅から近い」「通勤・通学に便利」という分かりやすいメリットがあります。一戸建ての借家に比べて、賃貸物件はマンションやアパートタイプが多いため、購入後の生活や間取りをイメージしやすい点も強みです。

一方、一戸建てはマンションに比べて駅から離れていることが多く、新生活が想像しづらいため、家の購入を考えている人へのアピールポイントが分かりづらいという弱点を持っています。

もちろん、質の高い不動産業者なら、こうした事情を考慮した上で一戸建てを売り出してくれるでしょう。ただ、その家の魅力を一番良く知っているのは、そこに住んでいた本人です。

一戸建て売却では、すべてを不動産業者に任せてしまうのではなく、自身が知っている住宅の魅力を積極的に営業マンへ伝えることが売却額アップのポイントになります。

近くのスーパーまで何分なのか、渋滞せずに通勤できる時間帯は何時くらいか、保育所や小学校の充実度はどうか、近隣住民はどんな人が住んでいるかなど、売り出し時の情報が増えれば新生活のイメージも膨らみます。営業マンにとっても、一戸建ての宣伝広告をしやすいです。

東久留米市の一戸建て売却相場

  • 平均データ
相場 3,689万円
坪単価 31.2万円/㎡
面積 125㎡
駅徒歩分数 10~15分
築年数 13年
  • 築年数別販売価格
新築 3,726万円
築5~10年 3,353万円
築10~15年 3,055万円
築15~20年 2,906万円
築20年以上 2,422万円

東久留米市でおすすめの不動産売却業者はこちら>>

PAGE TOP