ひばりヶ丘周辺(新座市・西東京市エリア)の不動産売却 » 【エリア別】おすすめ不動産売却業者3選 » 西東京市の不動産(マンション・一戸建て・土地)相場 » 西東京市の土地売却事情

西東京市の土地売却事情

西東京市で土地売却をする方に向けて気を付けたいこと、業者の選び方について書いています。

土地を売却する時に注目すべき5つのポイント

使わない土地があれば、売ってしまいたいと思うでしょう。しかし、需要がないといつまで経っても売れることはありません。また、売れ残ってしまうと、固定資産税などの支払いをしなければならないので、資産が減ってしまうことになります。土地を売るためには、気をつけるべきことがいくつかあります。

まず一つ目は価格です。大半の人が、土地の価格を下げたくないと思うでしょう。しかし、早く売るためには、ある程度金額を下げるのも一つのポイントです。売れ残ってしまえば、管理費などがかかってしまいますから、なるべく早く売ってしまうようにするべきです。需要がない土地ということを理解して、価格を見直してみましょう。

二つ目は土地の相場を理解することです。相場より2割ほど安いと買い手がつくと言われています。なので、業者やネットを通して正しい相場を理解しておきましょう。

3つ目のポイントは土地の広さです。土地は広すぎても買い手がつきません。特に個人相手の場合は注意が必要です。

4つ目は、管理に関することです。長い間空き地にしておくと、ゴミを捨てられることがあります。そうすると、敬遠されることがありますので、私有地だということをアピールしておきましょう。

5つ目は境界の確認です。どれだけいい土地でも、隣との境界線が曖昧だと嫌がられてしまいます。それを避けるためには、測量士を呼んで測量してもらうべきです。広告に境界確認済みと記すだけで買い主は安心することができます。

大手と中小の売却業者のどちらがいいか

土地や不動産を売却するためには、個人で行うより売却業者を通して行うべきです。すると、大手と中小の2つの売却業者という選択肢が出てきます。ネームブランドも、顧客数も大手のほうが上ではありますが、顧客数が多いため、対応が雑なところや両手仲介にこだわられるところがあります。反対に、中小は顧客数が少ないものの、社員にやる気がある会社のほうが多いため、親身に相談に乗ってくれる可能性が高いです。ただし、中小は得意不得意がハッキリしているので、あまりいい取引ができないこともあります。

以上のことを踏まえた結果、おすすめは地域密着型の中小です。地元のことをよくわかっていて、地元ならではの情報を持っているからです。この点においては、全国展開の大手は勝てません。また、中小企業は社長にやる気がある会社が多いので、親切に対応してくれる可能性のほうが高いです。もちろん、大手の業者も親身に相談に乗ってくれますが、大手が中小の業者を利用することもあるのです。なので、大手だから安心できるとは限りません。

一度相談してみて、印象がいいと感じたのなら、その業者を選ぶべきでしょう。ネットから査定できることもありますので、相場を知るためにも、まずは行っておくといいかもしれません。

西東京市の土地相場

平均データ
相場 4,615万円
坪単価 26.7万円/㎡
面積 180㎡
駅徒歩分数 5~10分
築年数 23年
販売価格相場ベスト5エリア
向台町 12,157万円
田無町 7,953万円
住吉町 7,696万円
西原町 7,234万円
ひばりが丘北 7,178万円

PAGE TOP