ひばりヶ丘周辺(新座市・西東京市エリア)の不動産売却 » 【エリア別】おすすめ不動産売却業者3選 » 新座市の不動産(マンション・一戸建て・土地)相場 » 新座市一戸建て売却事情

新座市一戸建て売却事情

新座市で一戸建てを売却をする際の相場や注意点について記載しています。

一戸建てが売れるまでの平均期間

中古物件はおよそ半年ほどで売れる傾向があります。しかし、データを見ていると、一戸建てよりもマンションのほうが売れる期間が早いです。

一戸建ては売れるまでにおよそ1年弱かかることもあるため、早く売りたい人からすると、不利に感じてしまうでしょう。とはいえマンションが売れやすいのは、人の入れ替わりが多い都心や駅前にはマンションのほうが多いという理由があるからです。

また、マンションのほうが価格が安いので購入したいと思う人は多いのですが、全ての人がマンションを欲しいと思っているわけではありません。むしろ、将来は一戸建てに住みたいと思っている人はたくさんいて、特に郊外や地方では一戸建てのほうがニーズは高い傾向があります。これには、車社会であることや土地の価格が低くなることが理由のようです。

特に車が必須な地域の場合だと、物件選びには広い駐車スペースも考慮されます。こういったことを踏まえても、一戸建てをなるべく早く売りたいのなら、都心にある業者、大手業者ではなく、できるだけ地域密着型の業者を選ぶことが大切だということがわかります。これから売却を考えている人は、一つの目安として考えてみましょう。

一戸建ては郊外だと売却がしやすい?

一戸建ては郊外のほうが需要があります。というのも、家を購入するということは、その場所の土地も購入することになるからです。全国的に見ても、首都圏は土地代が高い傾向があります。しかし、少し郊外に行くだけで土地代は落ちつきます。したがって、一戸建てを建てようと考えている人は、少し郊外の方に建てようと思う人が多いようです。

しかし、都心部にも全く需要がないわけではありません。むしろ、都心部のほうが一戸建ての数が減りますので、ライバルも少ない状態で売りに出すことができます。こういったことをふまえて、計画を立てていくべきでしょう。

また、建物は年数が経つと劣化しますが、土地そのものが劣化することはありません。購入者は家ではなく、土地に興味を持つこともあります。例えば、更地にして駐車場にしたいと思う人が訪れるかもしれません。

なので、一戸建てを売却する際は、建物や土地の活用の選択肢を購入希望者に与えるといいようです。こういった選択肢を用意することによって、物件に興味がある購入希望者が訪れやすくなり、早い時期に物件を売却できるでしょう。

物件は売却するほうが大変ですので、タイミングなどを見計らって売り出すようにしましょう

新座市の一戸建て相場

平均データ
相場 3,012万円
坪単価 29.2万円/㎡
面積 108㎡
駅徒歩分数 30~60分
築年数 13年
築年数別販売価格
新築 3,456万円
10~15年以内 2,832万円
15~20年以内 2,658万円
20年以上 1,970万円

PAGE TOP